【横浜不動産情報館】記事イメージ

情報をいかに早く得られるかがポイント!

最新の設備に、流行りの間取りで人気のあった新築マンションですが、立地によっては新築マンションの価格が、新築一戸建てとあまり変わらないほど高騰してしまい、今良質な中古マンションを探す方が増えています。

中古マンションのメリットは、何よりも価格安いことです。
中古マンションは新築マンションの約6割〜半額程度で購入することが可能ですし、購入にあたっては、もちろん住宅ローンを利用することも可能です。

また新築物件と比べて、物件の数が圧倒的に多いので、選択肢も多く、安く購入して自分好みのリノベーションをする方も増えています。

当然のことながら、良い物件ほど早い段階で買手が現れてしまいますので、良い物件に巡り会うためには、売出された物件を他の人よりいかに早く見つけることができるかという点が成功のポイントになります。

 


 

この点、当社の提供するサービス「物件提案ロボ」を利用することで、自身の条件に合致する「REINS(レインズ)」の最新の物件情報を、直接メールで受け取ることが可能ですので、不動産事業者と同レベルでマンション探しをすることが可能になります。ぜひご活用いただければと思います。

 

↓ ↓ ↓ 物件提案ロボの無料登録はこちらから ↓ ↓ ↓

【横浜不動産情報館】物件提案ロボ申込ボタン

 

※ 別ウインドウで開かれます。
※不動産購入にあたり必ずチェックしておかなければならない基本項目をAI(人工知能)が自動判定するSelfin(セルフィン)の機能も付属しています。
※ こちらは「マンション」「一戸建て」の入り口となります。
※ 土地をお探しの方は こちらから「土地情報ロボ」にご登録ください。

 

 


エリアの選定は「ゆるく」

さて、物件を探す際ですが、広さ、築年数、場所、階数、方角、周りの環境、間取りなど、こだわりポイントは色々とあるかと思います。

当社のお客様の中にも、こういった希望条件を最初からある程度決めてこられる方もいますし、全く白紙で来られる方もいらっしゃいます。

 

事前に希望条件を決めて来られた方で、最初は絶対この条件は外せないと思っていらっしゃる方でも、実際に色々と物件を見ているうちに、条件の優先順位も変わってきたりします。
時間的に余裕のある方は、色々な条件に照らし合わせながら、ゆっくりと物件探しをするのも良いと思います。
(「物件提案ロボ」で、条件を色々と設定して物件探しをしてみてください。想像が膨らみ、楽しいですよ)

 

さて、とあるご夫婦は、マンションを探し始めてから、実際に購入に至るまでに半年以上かかりました。

このご夫婦の場合は、当初は横浜駅近くでと強くエリアの希望をされていらっしゃいましたが、最終的に購入されたマンションは戸塚の物件でした。

 

当社では、効率よく物件をお客様にご提案するために、「物件提案ロボ」を導入していますが、ある程度時間が限られていて、効率よく物件を探したいという方には、エリアをあまり狭い範囲に限定しないで探すことをアドバイスしています。

エリアに関して言えば、テレビや雑誌で見たり聞いたりしたイメージが理想を形作ってしまっていて、いざ物件検索をして現地を見ていくと理想と現実が食い違って、時間がかかってしまうということが多いように思います。

 

実際に物件を見ていく中で、だんだん方向性は変わっていくものです。

 

絶対にこの条件と思っていても、何かのきっかけで運命的に、これと思う物件に出会うと、それまでは絶対と思っていた条件など気にならなくなったりします。

最初からエリアを狭い範囲に限定してしまうと、この出会いを逃してしまうことになりますので、エリアは「ゆるく」というのが効率よく物件を探すポイントですね。

 

価格は「シビア」に

一方、シビアに考えていかなければならないのは価格です。

最初に決めた価格があったのに、少し無理をすれば大丈夫ということで、価格の設定を変更することはやめましょう。

 

ほとんどの方は決まったお給料の中で、支払いをしていきます。
これくらいなら払えるかなといった、ざっくりとした感覚でローンを組んでしまうと、後々の人生設計が大きく狂ってしまうことが多々あります。

実際に、ここ横浜でも、様々な事情でローンの支払いができなくなってしまって、せっかく購入したマンションを手放さなければならなくなってしまう方が沢山います。

当社では、任意売却といって、そういった方々のマンションの売却をお手伝いする業務も行っていますので、いかにこのエリアでもそういう方が多いかということを日々実感しています。

 

マンションを購入にあたって、資金計画を考える際、金融機関と話をすすめていると、どうしても「いくらまで借りられるか」という点に重きをおかれがちになってしまうのですが、資金計画で失敗しないためには、月々の返済額から考えていく必要があります。

 

失敗しない資金計画について、詳しくはこちら