【横浜不動産情報館】記事イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住み替えなどでマンションを売却する場合、マンションに住んだままの状態で売却することになります。

居住中マンションの売却の決め手となるのは、やはり「内覧」です。

少しでも印象を良くし、内覧者が気持ちよく物件を見学できるようにすることで、契約の可能性が高まります。
ここでは、居住中のマンションを売却する際、内覧に向けて気をつけたい5つのポイントについて解説しています。

 

きちんと掃除をしておく

 

基本的なことですが、内覧までに不要なものは処分し、室内は綺麗に掃除をしましょう。

内覧時に、不要なものがなく、すっきりとした部屋の方が見栄えが良いですし、その後の引越しを考えると、荷物は少ないほうが断然楽ですので、よい機会と思って片付けをすることをおすすめします。

 

物件の印象を大きく左右する箇所として、玄関・キッチン・トイレ・お風呂・洗面所があります。
特に水回りは、水垢、カビなどがないように、念入りに清掃しましょう。
時間のない方は業者にハウスクリーニングをお願いするのもオススメです。

 

内覧者としては、自分が実際に生活した場合にどうだろう?ということをイメージして内覧します。
人によっては、棚の中やキッチンの引き出しの中なども開けて見る方もいます。

 

特にキッチン収納などは女性にとっては重要な部分になりますので、引き出しの中も、開けられても困らないように整理整頓をしておくとよいでしょう。

 

換気をしておく

 

内覧時には、十分に換気をしましょう。

人の臭いというのは、気になるものです。特にペットを飼っていたり、タバコを吸っていたりする場合は、臭いのつきやすいカーテンやソファカバー、クッションカバーなどの布製品は洗濯をし、壁や床を拭き、消臭剤を利用するなどして、十分にケアしておきましょう。

 

芳香剤を活用するのも1つの方法ですが、最近は、化学物質アレルギーの方もいますので、使いすぎには注意が必要ですね。

 

部屋は明るく

 

内覧の際は、日当たりがチェックできるようにカーテンは全開にしましょう。

また照明はすべてつけ、室内を明るくするようにしましょう。
室内を明るくするだけで、部屋が大きく見え、印象は随分と違います。

 

おもてなしの心で

 

内覧者としては、物件購入にあたって、前の居住者がどういう人であったかということは、気になるものです。
印象が悪くならないように、内覧日当日は、おもてなしの心をもって対応するようにしましょう。

 

また、人によっては、押し入れやクローゼットの中を開けて測りたいという方もいらっしゃいます。
「どうぞご自由にご覧ください」と対応できるようにしておきましょう。

 

知っている情報をまとめておく

 

内覧当日は、内覧者から色々と質問をされるのが通常です。質問に快く答えるのはもちろんですが、その他、買主にとってメリットがあると思われるポイントについて、メモにまとめておくとよいでしょう。
また、購入した際のパンフレットなどがあれば、事前に準備しておくと、アピールポイントとして伝わりやすいです。

また、実際に住んでいる人の生の声として、スーパーやコンビニ、病院、役所などの情報や、お子さんがいる場合は、保育園・幼稚園の情報などを伝えてあげられるといいですね。

 

内覧時には、売却の理由についても質問されることがあります。

何気なく質問をする方が多いのですが、答え方によっては、「何か問題があるのかな?」と変な印象を持たれる可能性もありますので、事前に売却理由について、回答を準備しておくとよいでしょう。

 

マンションは大きな買い物ですので、内覧者の目はとても厳しいものです。
少しでも良い条件で売却ができるように、事前の準備をきちんとした上で内覧者をお迎えできるといいですね。

 

 

 

横浜不動産情報館 お問い合わせ